FC2ブログ

BD・DVDジャケット気ままお気楽製作所

BD・DVDといってもほとんどDVDですが・・・。

信長協奏曲 の記事一覧

映画『信長協奏曲』

2016.07.24 (Sun)
2016年公開実写邦画No.1!
興行収入45億円を突破した大ヒット映画「信長協奏曲」!

■初日2日間で49万人を動員! ぴあ初日満足度ランキング1位獲得!
興行収入45億円超えの大ヒットを記録した2016年公開実写邦画No.1作品!(※)2016年5月19日現在
■小栗旬、柴咲コウ、向井理、山田孝之、藤ヶ谷太輔(Kis-My-Ft2)、水原希子、古田新太、濱田岳、高嶋政宏など日本のエンターテインメント界を牽引する豪華キャスト陣が集結!
■"サブロー信長"の最終章! ドラマからのストリーがいよいよ完結。どうなる本能寺の変!?

[内容解説]
戦国時代にタイムスリップした高校生・サブロー(小栗旬)は、奇しくも同じ顔をした織田信長(小栗二役)と出会い、信長として生きることになってしまう。
はじめは逃げ腰だったサブローであったが、戦の惨状を目の当たりにするにつけ、織田信長として生きる覚悟を決め、戦のない世をつくろうと思い始める。
歴史音痴のサブローは、史実を知らないまま、桶狭間、上洛、金ヶ崎、浅井朝倉との戦い……と歴史通りのことを成して、ついに安土城を完成させた。
これで天下統一も間近と思った矢先、ふと手にした歴史の教科書で自分(=織田信長)がもうすぐ死ぬ運命にあることを知る。
信長を狙う敵は多い。彼を怨んで暗殺の機を窺う秀吉(山田孝之)や、彼に嫉妬する本物の信長・明智光秀(小栗旬)も虎視眈々と彼の寝首をかこうと狙っていた。
光秀は、自ら信長の座を手放したにも関わらず、恒興(向井理)をはじめとする家臣の信頼や妻・帰蝶(柴咲コウ)の愛を勝ち得ているサブローに憎しみを抱くようになっていたのだ。
死が迫りくる中、信長は運命に抗い、生き抜こうと決意。その思いの表れとして、帰蝶との結婚式を企画する。
その場所は京都・本能寺。それを知った秀吉は、光秀に本能寺で信長を討つことを提案するのだった…。
刻一刻と戦況は激しくなっていく。信長は歴史を変え、平和な国を築くことができるのか!?
1582年、本能寺で彼を待ち受けるものとは…?

Blu-ray用トールケースジャケット
Nobunaga_Con_Movie_t.jpg

Blu-ray用
Nobunaga_Con_Movie.jpg

Blu-ray用
Nobunaga_Con Movie_BD

映画「信長協奏曲」 スタンダード・エディションDVD

新品価格
¥3,354から
(2016/7/24 15:13時点)


映画「信長協奏曲」 スペシャル・エディションDVD

新品価格
¥5,036から
(2016/7/24 15:13時点)


映画「信長協奏曲」 スタンダード・エディションBlu-ray

新品価格
¥4,145から
(2016/7/24 15:14時点)


映画「信長協奏曲」 スペシャル・エディションBlu-ray

新品価格
¥6,000から
(2016/7/24 15:14時点)

スポンサーサイト



信長協奏曲

2016.04.27 (Wed)
「とりあえず天下獲りに、いっとく?」
豪華キャストで描く、新感覚戦国エンターテインメントドラマ

■小栗 旬 主演(二役)! 柴咲コウ、向井 理、山田孝之ほか、豪華キャストが集結!
■「ゲッサン」(小学館)で2009年から好評連載中の大人気漫画「信長協奏曲」(のぶながコンツェルト/石井あゆみ著)の映像化作品。
「マンガ大賞2012」、「このマンガがすごい! 2012」、「全国書店員が選んだおすすめコミック2012」など、数多くの賞にノミネートされる人気作
■「テレビアニメ」、「連続ドラマ(実写)」、「劇場映画(実写)」へと展開していく、フジテレビ開局55周年記念プロジェクト!

【内容解説】
誰もが知っている織田信長が、現代からタイムスリップした普通の高校生だったという設定のもと、 弱小大名にすぎなかった織田家の若武者たちが、未来から来たサブローの力によって「天下統一」という途方もない夢に向かってこぎ出し、 やがてその夢を勝ち取る寸前までたどり着く姿を、戦国時代を舞台にした青春群像として描き出していく。
小栗 旬、柴咲コウ、向井 理、山田孝之ら、強力なキャスト陣を迎え、これまでの“時代劇"の既成概念を覆す “ポップでスタイリッシュな時代劇”が誕生!
「織田信長」という日本史上最大にして最強の英雄の謎を紐解き、“日本の歴史"と“エンターテインメント"の常識を打ち破る、 全く新しい“戦国エンターテインメント”(Amazonサイトより)

<ストーリー>
修学旅行で時代村にやって来た高校生のサブロー(小栗旬)は、武士や町人に扮したアトラクションキャストが行き交う中、同級生の女子に告白。良い返事がもらえそうにないと感じると、携帯に電話がかかってきたふりをして逃げ出した。仲間の男子たちに、フラれたわけではないと強がるサブロー。だが、男子たちは過去のさまざまな例を挙げ、サブローは逃げ癖があると責める。そんな時、サブローが転ぶ。足下には“戦国武将体験コース”などと書かれた看板。見回すと友人の姿がない。ひとりでアトラクションに迷い込んだと思ったサブローは、抜け出そうと高い壁に登るが落下してしまう。
サブローが目を覚ますと、建物など何もない自然風景。携帯電話も圏外。そこに馬に乗った二人の侍が来た。声をかけたサブローはビックリ。片方の侍が自分そっくりなのだ。サブローのそっくりさんは、織田信長(小栗旬・二役)と名乗る。そして、「自分の代わりに織田信長として生きてくれないか?」とサブローに問う。アトラクションだと疑わないサブローは、信長の証としての刀を受け取って承諾した。
信長たちが去ると、新たに三人の侍が出現。侍たちは、サブローを信長と疑わずに那古野城へ連れて行く。そこに今川勢が攻めて来たとの知らせ。すぐに戦場へと向かうことになるサブロー。まだ、アトラクションと思い込むサブローだが、戦場で繰り広げられる命のやりとりに、ようやくここが本物の“戦国”だと気づいて…。(フジテレビサイトより)

NOBUNAGA_CONCERTOa.jpg

NOBUNAGA_CONCERTOb.jpg

Nobunaga_con01.jpg Nobunaga_con02.jpg
Nobunaga_con03.jpg Nobunaga_con04.jpg
Nobunaga_con05.jpg Nobunaga_con06.jpg
 | HOME |