FC2ブログ

BD・DVDジャケット気ままお気楽製作所

BD・DVDといってもほとんどDVDですが・・・。

ミュージアム -序章-

2018.02.11 (Sun)
“親子愛の刑”開始。
衝撃のノンストップスリラーエンターテイメント映画『ミュージアム』のアナザーストーリー。
史上最悪の殺人アーティスト・カエル男が仕掛けたもう一つの事件を、新たなスタッフ・キャストで描く。

■“私刑”という名目で雨の日のみに冷酷な殺人を行うシリアルキラー・カエル男と刑事との戦いを描き、大ヒットを記録した映画『ミュージアム』。
アナザーストーリーとなる本作では、映画本編以前に仕掛けた“私刑”を明らかにし、カエル男の猟奇性をより浮き彫りにしていく。

■メガホンを取ったのは、『貞子VS伽椰子』が話題の鬼才・白石晃士監督。
本作を得意のPOV(主観映像)形式を取り入れて撮影。
カエル男があらゆる場所に仕掛けたカメラ、そして主人公が撮影を強いられた手持ちカメラなどから、カエル男の狂気とゲーム性を帯びた臨場感が伝わる戦慄の仕上がりになっている。

■主演を務めるのは、『64-ロクヨンー』『ディストラクションベイビーズ』『秘密 THE TOP SECRET』など出演作が後を絶たない名バイプレイヤー・三浦誠己。
ほかに川島鈴遥、森田想、細川佳央、河屋秀俊、中野英樹、奥野瑛太、宇野祥平などが出演。

<ストーリー>
様々な殺人事件を取材するジャーナリスト・九堂仁(三浦誠己)は、3年前の「幼女樹脂詰め殺人事件」に冤罪見解を持ち、取材に奔走する日々を過ごす。
そんなある晩、取材中に突然背後から現れたカエルマスクの男にメモを渡される。
そこには「事件の秘密を教える。自宅に戻れ。」の文言が。
急いで帰宅すると、いるはずの娘・伊織(川島鈴遥)がいない。
伊織の机上には「これをつけろ」というメモと共に見知らぬ携帯とイヤホン。
訳も分からず装着し電話に出ると、画面には拘束された娘と先ほどのカエル男が…!
娘を救う為にはカエル男が指示することを全て遂行し、かつその様子を撮影しなければならないという。
次々に下される理不尽な指示に追い詰められていく九堂。
果たして九堂は娘を無事助け出すことができるのか?そして、カエル男の真の目的とは…?

<キャスト>
三浦誠己 川島鈴遥 森田想 細川佳央 河屋秀俊 中野英樹 奥野瑛太 宇野祥平
(楽天ブックスサイトより)

museum_joshou_a.jpg

museum_joshou_b.jpg

museum_joshou_DVD.jpg

ミュージアムー序章ー [ 三浦誠己 ]

価格:2,708円
(2018/2/11 23:49時点)
感想(0件)


ミュージアム -序章-

新品価格
¥500から
(2018/2/11 23:50時点)

スポンサーサイト



コメント


管理者のみに表示

トラックバック